Social Media

ソーシャルリスニング

マーケット分析 / インフルエンサーマーケティング

ソーシャルからターゲットを理解する

ソーシャルリスニングとは、ソーシャルメディアで日々投稿されるコンテンツを傾聴することでターゲットや市場の理解を深めたり、企業のコンテンツマーケティングに活かしたりする施策のこと。TwitterやInstagram、Facebookのほか、ニュースやブログ、フォーラムなどのデータから、以下に挙げる10のことを分析します。

サブトピック:設定したトピックの中でも、どういった話題が語られているか
タイムライン:日ごと、週ごと、月ごとにソーシャル上の会話がどのように変化するか
タイム・オブ・デイ:個々のトピックについて、いつ投稿されているか
チャネル:どのソーシャルメディアあるいはドメインで会話が行われているか
オーディエンス:性別、興味、年齢などといったデモグラフィック
メディア:ニュースサイトなど、どのメディアで取り上げられているか
ロケーション:どこで投稿が行われているか
ブランド評価:ブランドやキャンペーンがどのように受け止められているか
インフルエンサー:どういう人がそのトピックに関するインフルエンサーか
エモーション:トピックに関してのユーザーの喜怒哀楽

TAMLOの強み

1 英国発、AI搭載の最新ソーシャルリスニングツールを利用
2 ロケーションを問わず、全世界のデータが分析可能
3 バイリンガルまたはネイティブのソーシャルプランナーによる分析

プロセス

日本語と英語で、日本市場と世界市場のどちらにも対応します。

1 課題のヒアリング
2 トピック設定、キーワード設定
3 傾聴するソーシャルプラットフォームの選定
4 データの集積
5 データ分析
6 レポート作成/編集会議

LinkedInの英語コンテンツ作成と運用

海外向けマーケティング / B2Bマーケティング

海外向けマーケティングでLinkedIn(リンクトイン)を使うべき5つの理由

5億人を超えるユーザー数
Linkedinの利用人口は、2019年の時点で5億人(日本では約200万人)。世界中のビジネスパーソンがLinkedIn上で皆さんの会社を見つけ、コンテンツを消費し、皆さんの商品やサービスを理解する場所です。

6000万人以上のユーザーがシニア・レベルのインフルエンサー
LinkedIn利用者のうち6000万人以上が影響力のあるシニア層。また、Linkedinは「Fortune 500」に選ばれた企業の中でもっとも使用されているソーシャルメディアです。上級管理職にリーチできる点はB2Bで大きな魅力。

毎週90億のコンテンツ・インプレッション
LInkedInは他に比べて企業のコンテンツが目に触れやすいプラットフォーム。全ユーザーのうち、コンテンツをシェアしているのは毎週300万人で、90億のコンテンツ・インプレッションを獲得しています。

サイトへのトラフィックのうち50%がLinkedInから
世界にあるB2B企業のWebサイトおよびブログへのソーシャルトラフィックのうち、50%以上がLInkedInから。このソーシャルメディアががB2Bコンテンツの金脈であることの証明となっています。

従業員や卒業生のロイヤリティアップにつながる
海外では従業員や卒業生が、所属組織や出身校のLInkedInに自らのアカウントを紐づけることが当たり前。彼らにとって、自分のキャリアを表示できないことは致命的。所属する人々のためにもLInkedInは開設したいところ。

LinkedIn(リンクトイン)を使った海外向けデジタルマーケティングに必要なこと

ローカル言語の理解
翻訳だけでは表現に誤解が生まれたり、ニュアンスに違いが出たりすることが多くあります。コンテンツは、英語ネイティブのプロライター/エディターによる制作、もしくは英語ネイティブの校正を経る必要があります。

ローカル市場の理解
自社製品やサービスが、ローカル市場でどのようなポテンシャルがあるか。ソーシャルリスニングツールを使って分析したり、アナリティクスなどで現地競合のデジタルマーケティング戦略分析をしたりする必要があります。

ローカル文化の理解
同じコンテンツでも文化が違えば、文脈の捉え方が変わる可能性があります。そのため、現地の文化、政治、宗教を深く理解したうえで、コンテンツを作る必要があります。

TAMLOの強み

1 ネイティブによる英語でのコンテンツ制作、運用、サポート
2 ローカルの文化を考慮した企画提案
3 ローカルの市場を理解したレポート分析

プロセス

アカウントやコンテンツは、いずれも英語・日本語での制作が可能です。レポーティングも必要に応じて二言語で対応できます。

1 LinkedIn運用ガイドライン策定、投稿コンテンツの要件定義
2 アカウントの情報整理、投稿コンテンツの企画
3 ターゲット(人、国)の設定と投稿カレンダーの策定
4 アカウントの制作、投稿コンテンツの制作
5 コンテンツの投稿
6 レポート作成/編集会議

CONTACT

お問い合わせにあたり、弊社 プライバシーポリシー をご確認ください。