ホーム > BLOG > ポッドキャスト > コロナ影響下における企業のコンテンツコミュニケーション/ポッドキャスト解説
ポッドキャスト

コロナ影響下における企業のコンテンツコミュニケーション/ポッドキャスト解説

ロックダウン期のコミュニケーション

試される企業の姿勢

新型コロナウイルスによる影響が徐々に出始めた3月下旬ごろから、わたしたちTAMLOのもとに次のような声が届くようになりました。声の主は日本のマーケターあるいは経営者たちです。

「イギリスの状況を教えて欲しい」

「海外の企業はどうやって顧客とコミュニケーションを取っているのか」

「どんなコンテンツを公開していいか、わからない。ウェブサイトには企業としてどんな表明をしたらいいのか」

だれも経験したことのない未曾有の事態に、多くの人たちが頭を抱えているようでした。しかし、人命に関わる危機にあたって、「こういう風にすればいい」という画一的なコンテンツ・コミュニケーションの処方箋はありません。それぞれの企業がそれぞれの理念に基づき、そしてそれぞれの立場でどのような発信をするべきか考え抜く以外に答えは見つかりません。しかし、優れた事例、適切な事例から学ぶことはできます。

 

ロックダウンの英国から学べること

2020年3月23日、イギリスで新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)が宣言されました。これに遅れること数週間、4月に入って日本では法的拘束力のない緊急事態宣言が発表されます。厳しい状況が先行する英国から学べることは少なくありません。企業はどのようにして消費者や顧客とコミュニケーションを取っていたのか。私たちはウェブサイトやツイッター、リンクトインの各社オフィシャルアカウントに投稿されたコンテンツを概観、分析しました。その一部を以下のポッドキャストで解説しています。

 

RADIO TAMLO (海外マーケティング・ポッドキャスト)

TAMLO公式Spotify

TAMLO公式Sound Cloud