ホーム > BLOG > セミナー > <セミナー>海外事例で考えるWithコロナ時代のコンテンツマーケティング
セミナー

<セミナー>海外事例で考えるWithコロナ時代のコンテンツマーケティング

トオク セミナー

Withコロナで求められるコンテンツ・コミュニケーションのあり方

TAMLOは、「海外事例で考えるWithコロナ時代のコンテンツマーケティング」 と題したオンラインセミナーを2020年5月14日に開催します。

突如として我々を襲った新型コロナウイルスは、これまでの人々の生活、企業活動を一変させようとしています。そうした現況にあって、コンテンツを通したコミュニケーションの重要性が再認識され始めました。とりわけ企業のコンテンツマーケティングにおいては、これまでとは違った心配り、気配りが求められています。

「従来通りのやり方ではただ消費者に違和感を与えてしまうだけ」「でもどうアプローチしていいかわからない」——。この数ヶ月、私たちは多くのお客様のそうした悩みを聞いてきました。それぞれに置かれた状況や感じ方が違う以上、そこにたった一つの正解があるというわけではありません。まして、状況は日毎変わっていきます。

しばらく続くと予想されるWithコロナの時代に合ったコンテンツとはどういうものか、そして、来るべきAfterコロナの時代にコンテンツをとりまく景色はどうなっているのか。このセミナーでは、いち早くロックダウンを経験し、いまなお厳しい状況が続く欧米企業のコンテンツ・コミュニケーションを俯瞰。現地の情報をお届けします。海外の先行事例に学びながら、これからの国内のコンテンツマーケティングについて考えていく75分です。

お申し込みはこちらから(Peatixサイト)>>

 

イベントスケジュール

19:00 自己紹介

19:05 ロックダウン下、欧米企業のサイトを使ったコンテンツコミュニケーション事例

19:25 ロックダウン下、欧米企業のソーシャルコンテンツ分析

19:45 これからのウェブコンテンツ編集会議と記事制作

20:05 質疑応答

 

参加対象者

  • 企業のマーケティング担当者
  • 企業の宣伝・広報担当者
  • 企業の販促担当者
  • 企業のウェブサイト・ソーシャルアカウント担当者
  • 企業所属でその他業務の担当者など

*企業のご担当者様向けのセミナーです。同業他社、および所属無記載の個人の方のご参加は固くお断りいたします。

 

セミナーで得られるもの

  • 新型コロナ以降のコンテンツマーケティングの現況がわかります。
  • 英国をはじめとした海外のWithコロナのコンテンツマーケティング最新事例がわかります。
  • Withコロナ時代におけるコンテンツの企画方法がわかります。
  • Withコロナ時代におけるコンテンツの制作・編集方法がわかります。
  • Withコロナ時代におけるオウンドメディア・マネジメントがわかります。

【特記事項】

  • 回線状況により、画像や音声が一部途切れる可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • ご不明点がありましたら運営社TAMLOのコンタクトよりご連絡ください。
  • 登壇者James Lovellの英語は適宜通訳いたしますのでご安心ください。

 

参加定員

40人

実施日と時間

2020年5月14日(木)19:00〜20:15

開催場所

オンライン(Zoom)

お申し込みはこちらから(Peatixサイト)>>